品名:源氏八領の鎧/沢瀉(おもだか)

【黒小札沢瀉威(くろこざねおもだかおどし)

平治の合戦で、源義朝次男朝長着用とある。八領中最も華やかさのある鎧。

源氏八領(げんじはちりょう)とは 『保元物語』『平治物語』などに記載された、清和源氏に代々伝えられたという8種の鎧。
「源太産衣」「八龍」「薄金」「膝丸」「月数鎧」「日数」「楯無」「沢瀉」
これらは平治の乱でほとんどが失われ、現在では幻の甲冑といわれている。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
沢瀉 1/5 約 幅30×奥行24×高さ51(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。