品名:本仕立浅葱糸威之大鎧

号数:四分之一、五分之一

品名:浅葱糸威之兜

号数:30号、12号

鈴甲子雄山により、厳島神社(広島県)所蔵の国宝・浅黄綾威鎧兜・大袖付を出来る限り忠実に再現しました。

国宝に指定されている厳島神社所蔵の浅葱威鎧兜・大袖付は、威毛の浅黄綾と金物の鍍銀の色彩が反映しあい、端正な形姿に壮麗な趣を加えてた一領です。明治天皇はこの鎧の気品高き姿を愛でられ、賞玩されたと言われています。
源義家の奉納という伝承がありますが、鎧兜各所の特徴から鎌倉後期のものと考えられています。 弦走韋には牡丹の地文様に不動明王と二童子像の絵韋を張り、金具廻りと革所は向獅子牡丹文絵韋包みとし、兜の吹返しは牡丹地不動明王絵韋包みが施してあります。 また、大袖は小札板七段下げで、水呑緒鐶を表に打ってあります。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。
雄山作「国宝模写・本仕立浅葱糸威之大鎧、浅葱糸威之兜」は職人による匠の技を遺憾なく発揮した逸品です。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
浅葱糸威之大鎧 1/4 約 幅42×奥行35×高さ84(cm)
浅葱糸威之大鎧 1/5 約 幅29×奥行24×高さ54(cm)
浅葱糸威之兜 30号(櫃なし) 約 幅48×奥行42×高さ45(cm)
浅葱糸威之兜 12号 約 幅33×奥行28×高さ52(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。