品名:小桜韋威之大鎧

号数:四分之一

品名:小桜韋黄返威之兜

号数:四分之一

鈴甲子雄山により、菅田天神社(山梨県)所蔵の国宝・小桜韋威鎧兜・大袖付を出来る限り忠実に再現しました。

国宝に指定されている菅田天神社所蔵の小桜韋威鎧兜・大袖付は甲斐源氏の始祖新羅三郎義光以来武田氏の重宝として相伝された「楯無」と号する鎧です。 信玄の時に菅田神社に奉納されました。
この鎧の威毛は小さな桜模様を染めた韋に黄をかけたもので、胴の構造は普通で草摺四間五段下りに仕立ててあります。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。
雄山作「国宝模写・小桜韋威之大鎧、小桜韋黄返威之兜」は職人による匠の技を遺憾なく発揮した逸品です。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
小桜韋威之大鎧 1/4 約 幅42×奥行35×高さ77(cm)
小桜韋黄返威之兜 1/4 約 幅34×奥行27×高さ48(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。