武将名: 長宗我部元親 (ちょうそかべ もとちか)

品名: 長宗我部元親公兜(十二間突盔形兜(おぼん飾り)(じゅうにけんとっぱいなりかぶと)生産終了

四国を制覇した戦国武将 長宗我部元親公。

鈴甲子雄山により、土佐神社所蔵、元親が初陣の際に身に着けていたと伝えられる兜を出来る限り忠実に再現しました。

長宗我部元親公の兜は、天衝(てんつき)と、丸に七つ酢漿草(かたばみ)の家紋を前立に、突盔形兜(とっぱいなりかぶと)が特徴的です。
突盔形兜(とっぱいなりかぶと)とは、頂部が尖った兜のことをいいます。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
長宗我部元親公兜 1/3 約 幅28×奥行28×高さ30(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。