武将名: 伊達政宗 (だてまさむね)

品名: 伊達政宗公具足(重文模写・本仕立仙台胴具足六十二間筋兜(じゅうもんもしゃ・ほんじたてせんだいどうぐそくろくじゅうにけんすじかぶと)
品名: 伊達政宗公兜(六十二間筋兜(くろくじゅうにけんすじかぶと)

伊達政宗は、戦国時代~江戸時代前期の奥羽の国の大名、武将。

鈴甲子雄山により、仙台市博物館所蔵の伊達政宗所用と伝えられる重要文化財・鉄黒漆塗五枚胴具足を出来る限り忠実に再現しました。

伊達政宗の兜は鉄地黒漆塗六十二間筋兜で、金箔押の雄大な弦月の前立てが特徴的です。 弦月が右手から左上へ長く流れているのは、デザイン上のバランスはもちろんですが、太刀を振りかざす際に、支障のないようにとの配慮がなされているそうです。 また、鎧の胴は鉄地黒漆塗五枚の仙台胴形式で、草摺は紺糸で素掛けに威しています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


   
サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
伊達政宗公具足 10号 約 幅45×奥行44×高さ80(cm)
伊達政宗公兜 1/3 約 幅31×奥行25×高さ43(cm)
伊達政宗公兜 1/2 約 幅40×奥行32×高さ50(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。