武将名: 蒲生氏郷 (がもう うじさと)

品名: 蒲生氏郷公具足(ツバクロ具足※10号は生産終了しております。
品名: 蒲生氏郷公兜(ツバクロ兜・牛皮黒小札之兜(ぎゅうがわくろこざねのかぶと)生産終了

蒲生氏郷は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

鈴甲子雄山により、岩手県立博物館所蔵、蒲生氏郷所用と伝えられる黒漆塗燕尾形兜を再現しました。

蒲生氏郷公の甲冑は、張懸で燕の尾羽を象った、天高く突き上げるかのような形が特徴的で、燕尾形(えんびなり)と呼ばれる変わり兜の一つとされています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
蒲生氏郷公具足 7号 約 幅35×奥行40×高さ61(cm)
蒲生氏郷公具足 10号 約 幅 ×奥行 ×高さ (cm)
蒲生氏郷公兜 7号 約 幅28×奥行24×高さ41(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。