武将名: 片倉小十郎 (かたくら こじゅうろう)

品名: 片倉小十郎公兜(愛宕山大権現守護所前立兜(あたごやまだいごんげんしゅごしょまえだてかぶと)生産終了

片倉小十郎は、戦国時代から江戸時代前期に、伊達氏に仕えた武将。

鈴甲子雄山により、片倉小十郎の兜を出来る限り忠実に再現しました。

片倉小十郎公の兜は、前立てに八日月とともに愛宕神社の「愛宕山大権現守護所(あたごやまだいごんげんしゅごしょ)」というお札が付いているのが特徴的です。 これは、片倉小十郎が戦勝を祈願して八日月に御札を前立てとして組み合わせたのが由来だと言われています。 また、愛宕山大権現は、戦勝の神として多くの武将から信仰されていたそうです。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
片倉小十郎兜 1/3 約 幅30×奥行24×高さ45(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。