武将名: 加藤清正 (かとうきよまさ)

品名: 加藤清正公具足(長烏帽子形兜付牛皮小札黒糸威具足(ながえぼしなりかぶとつきぎゅうがわこざねくろいとおどしぐそく)生産終了
品名: 加藤清正公兜(長烏帽子形兜(おぼん飾り)(ながえぼしなりかぶと)生産終了

加藤清正は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。豊臣秀吉配下の勇将として数多くの戦に出陣しました。

鈴甲子雄山により、徳川美術館蔵、加藤清正の所用と伝わる長烏帽子形兜を出来る限り忠実に再現しました。

加藤清正公の兜は、丈の長い烏帽子形が特徴的で、側面には朱で日輪が描かれ、先端にいくほど薄く、やや後方に傾斜しています。 また、兜の前立てには、黒塗円形の薄板に、清正の自筆で「南無妙法蓮華経」の題目が書かれており、日蓮宗信仰であったといわれています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
加藤清正公具足 10号 約 幅45×奥行46×高さ92(cm)
加藤清正公兜 1/3 約 幅28×奥行28×高さ43(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。