武将名: 前田慶次 (まえだけいじ)

品名: 前田慶次公具足(南蛮形兜付朱塗具足(なんばんなりかぶとつきしゅぬりぐそく)生産終了
品名: 前田慶次公兜(南蛮形兜(おぼん飾り)(なんばんなりかぶと)生産終了

前田慶次は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍した武将。奇矯な振る舞いを好む傾奇者(カブキもの)としても知られています。

鈴甲子雄山により、宮坂考古館所蔵、前田慶次所用と伝えられる朱漆塗紫糸素懸威五枚胴丸具足・兜を出来る限り忠実に再現しました。

朱塗りの派手な胴と草摺(くさずり)、兜は笠形、袖は鱗形といった異風の甲胄です。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
前田慶次公具足 10号 約 幅35×奥行43×高さ75(cm)
前田慶次公兜 1/3 約 幅28×奥行28×高さ22(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。