武将名: 真田昌幸 (さなだまさゆき)

品名: 真田昌幸公具足(昇梯子文具足(のぼりはしごもんぐそく)
品名: 真田昌幸公兜(割天衝之兜(わりてんつきのかぶと)

真田昌幸は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。子の幸村とともに、関ヶ原の役で西軍に属し、信州上田城で徳川秀忠軍を足留めさせた事で名高い。

鈴甲子雄山により、真田宝物館所蔵、真田昌幸所用と伝えられる二枚胴具足を出来る限り忠実に再現しました。

真田昌幸公の甲冑は、突盔形兜(とっぱいなりかぶと)に、黒漆塗の大天衝の前立てを添えてあり、胴は二枚胴で、前面に真田家の合印である昇梯子(のぼりはしご)を銀で斜めに描いているのが特徴的です。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
真田昌幸具足 8号 約 幅25×奥行32×高さ72(cm)
真田昌幸兜 8号 約 幅28×奥行24×高さ42(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。