武将名: 松平信一 (まつだいら のぶかず)

品名: 松平信一公兜(木菟形兜(おぼん飾り)(みみずくなりかぶと)生産終了

松平 信一は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。

鈴甲子雄山により、上田市立博物館所蔵、松平信一所用の兜を出来る限り忠実に再現しました。 この兜は永禄11年(1568年)織田信長が六角義賢を攻める戦に、松平信一が徳川家康からの応援の軍勢を率いて出陣した際、家康からはなむけとして贈られたものと伝えられています。

松平信一の兜は、頭に耳のような羽毛をもつフクロウ科の鳥をイメージした木菟形(みみずなり)が特徴的で、変わり兜の一つとされています。
戦国時代から江戸初期、合戦において自分の存在を目立たせる目的もあって、このような個性あふれるデザインの変り兜が流行したそうです。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
松平信一公兜 1/3 約 幅30×奥行25×高さ24(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。