武将名: 直江兼続 (なおえかねつぐ)

品名: 直江兼続公具足(愛染明王前立色々威具足(あいぜんみょうおうまえだていろいろおどしぐそく)
品名: 直江兼続公兜(愛染明王前立兜(あいぜんみょうおうまえだてかぶと)

直江兼続は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。上杉氏の家老。

鈴甲子雄山により、上杉神社所蔵、米沢藩上杉家の家老、直江山城守兼続の所用と伝えられる金小札浅葱威二枚胴具足を出来る限り忠実に再現しました。

直江兼続公の甲冑は、前立てに瑞雲に愛染明王を表す「愛」の字が添えてあるのが特徴的です。また、胴は紅糸で毛引に威した胸取形式で、長側は浅葱糸で素懸に威してあります。 毛引威(けびきおどし)とは、威糸が横に連続するもので、素懸威(すがけおどし)は、縦上下に連結する手法で、毛引威に比べ威糸が太く横の間隔が大きい。 直江兼続公具足は胴の毛引威と素懸威の対比が美しい一領です。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


 
サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
直江兼続公具足 10号 約 幅45×奥行44×高さ80(cm)
直江兼続公兜 1/3 約 幅30×奥行25×高さ43(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。