武将名: 徳川家康 (とくがわいえやす)

品名: 徳川家康公具足(牛皮小札歯朶具足(ぎゅうがわこざねしだぐそく)
品名: 徳川家康公兜(牛皮茶小札之兜(ぎゅうがわちゃこざねのかぶと)

徳川家康は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。

鈴甲子雄山により、久能山東照宮博物館所蔵、徳川家康所用と伝えられる伊予札黒糸威胴丸具足を出来る限り忠実に再現しました。

上杉謙信の兜は大黒頭巾形で、歯朶(しだ)の葉の前立てを添えてあるのが特徴的です。このことから歯朶具足ともいわれています。 胴は、伊予札(いよざね)と呼ばれる甲冑の材料(革などの小板)を黒糸(濃いこげ茶色)で威してあります。 この具足は家康が関ヶ原合戦に着用し、大阪の陣にも身近に置いて勝利を得たことから吉祥の鎧として尊ばれました。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


     
サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
徳川家康公具足 8号 約 幅35×奥行44×高さ66(cm)
徳川家康公具足 10号 約 幅45×奥行44×高さ88(cm)
徳川家康公兜 8号 約 幅26×奥行22×高さ39(cm)
徳川家康公兜 10号 約 幅30×奥行25×高さ43(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。