武将名: 源義経 (みなもとのよしつね)

品名: 源義経兜(黒小札赤糸裾濃威之兜(くろこざねあかいとすそごおどしのかぶと)

源 義経は、平安時代末期の武将。

鈴甲子雄山により、『平治物語』『平家物語』『吾妻鏡』等の文献に散見している事を参考に源義経を出来る限り忠実に再現しました。

【平治物語 現代語訳】
[下巻・第十二章…頼朝が義兵を挙げられること、並びに平家退治のこと]
「源九郎義経は奥州の藤原秀衡の元に居りましたが、兵衛佐・頼朝殿がすでに義兵を挙げたと聞いて、出立せん とする所を、秀衡が、紺地の錦の直垂に紅裾濃の鎧、金作の太刀を添えて差し出しました。「馬は、貴方がお気 に入りのものを召されよ」と申して、義経の旅立ちを見送ったのです。」と記されています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
源義経兜 1/3 約 幅28×奥行25×高さ42(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。